Shallow And Wide

Gadget, Camera, Airplane, etc.===Written By Koishi

Shallow And Wide

iOS端末にフォントを追加する



iOS端末・・・フォントが自由に追加できれば、ほぼ何でも使える万能機材になるのになーと思っていた皆さま。(私だけかな?笑)
朗報です!!なんと、フォント追加できます!!!!

iOSを2010年のiOS 4から使い始めて8年、今まで知りませんでした。
今回は導入方法を解説していきます。

注意点

今回紹介した記事を参考に、閲覧者の皆さまが実施したことによって発生する損害等は、当サイトでは一切の責任を負いません。全て、ご自身の責任で行ってください。また、フォントのライセンスにご注意ください。パソコンに入っているフォントなどを製作者の許可なく無断で転送して他の端末で使うことは、ライセンス違反になる可能性があります。繰り返しになりますが、当サイトでは、そのような場合に発生した責任や損害などは一切負いませんので、ご自身の責任でおこなってください。
また、今回使用するAnyfontアプリは有料です。

フォントの追加方法

フォントはプロファイルとして追加されます。
フォントの追加方法には2つあります。

  1. Anyfontというアプリを使用する
  2. Apple Configuratorを使用する

今回は、1のAnyfontというアプリを使用する方法を解説します。

Anyfontをダウンロードする

App StoreからAnyfontというアプリをダウンロードします。

AnyFont

AnyFont

  • Florian Schimanke
  • ユーティリティ
  • ¥240

フォントファイルをiOSに転送し、Anyfontで開く

インストールしたいフォントファイル(.otf .ttf .ttcファイル)をiOS端末に転送します。

Webサイトから、iOS端末に直接フォントをダウンロードする場合、だいたいzipファイルなどで圧縮されていますので、それを解凍するアプリが別途必要になります。

転送はどのような方法でも良いのですが、フォントファイルを選択すると、こんな感じで開くアプリを尋ねてきますので、Anyfontを選択します。

Anyfontを使ってフォントをiOSにインストールする

上の手順を踏むと、Anyfontが起動します。

追加したフォントが、「独自フォント」という欄に追加されてますので、それをタップします。

すると、以下のような画面が出てくるので、画像で囲んだところをタップすると、Safariが一旦起動します。

Safariが起動すると、以下のようなポップアップが出てくるので、「許可」を選択します。

その後、設定appが自動的に起動し、以下のような画面が出てくるので、インストールするフォント名を確認のうえ「インストール」を選択。

その後のいくつか画面が変わりますが、「次へ」「インストール」をタップし、以下の画面になるとインストール完了です。

追加したフォントは全てのアプリで使えるわけではない。

追加したフォントが全てのアプリで使えるわけではありません。フォント選択機能がそもそも搭載されていないアプリでは追加フォントはそもそも使えません。

私が使用しているアプリの中で、次のアプリでは、追加したフォントが使えることを確認できました。

  • Pixelmator
  • Pages

まとめ

フォントが追加できたことで、私がiPadでできることが広がりました。
(これも、ブログをiPadで完結させようとした結果ですかね笑)
あとは、コード書いて実行できる環境が揃えば、更に便利な端末になるのですが、、、

iPad Pro 10.5インチ用 Smart Keyboard 購入


前々から欲しかった、iPad ProのSmart Keyboardを購入してみました。
ブログの運営をiPadでもできるようにしたいという思いで、買ってみました。

開封の儀



本体お出まし

MacBookiPadと同様にいい感じのフィルムで包まれてます

本体の表面

入っている説明書は細長く、Apple Watchみたいです

本体の裏面

キーボードを開いてみると、新品のMacBookのように、白い布?が挟んでありました。

iPad Proに装着

使い心地はどうか??

これが、思っていたよりも非常にいいです。
フルサイズキーボードとのことですが、若干キーが小さいです。
しかし、それも数分使えば慣れます。普通にタイピングできるようになります。

Bluetoothキーボードでもいいのでは??

私も買うまではそう思っていました。
以前、Magic KeyboardをBluetoothiPadに接続して使ったことがありましたが、持ち運ぶものも増えるし、全く使う気になりませんでした。(しかもあんまり便利とは感じませんでした)
しかしながら、Smart Keyboardはよく出来ています。何が違うのかは未だによく分かりませんが、おそらく、、、

  • ペアリングする煩雑さがない
  • iPadと別に持ち歩くというわけではなく、iPadのカバーになること

この2点が大きいのだと思います。
さらに、ソフトウェアキーボードが画面に表示されないので、画面の半分がキーボードに占領されることがなくなり、画面を非常に広く使えます。
iPad Proの画面の大きさだとその恩恵がすごくあります。10.5インチ、ちょうどいい感じです。
(多分、12.9インチの方が、さらに画面もキーボードも広々していて快適だと思います。その分持ち運びが・・・・というのが出て来ますが・・・・)

これまで使ってたiPadカバーはどうする??

1年くらい前に投稿した記事
の通り、これまでは、これ
を使っていました。

この全面を覆うケース・・・・Smart Keyboard はもちろん着けれません。(すごくいいケースでした。ほぼ1年間使ってました)

では、どうする???

Apple Pencilも収納できるケース 8/11更新

違う商品貼ってました。こちらが正式です。すみません。


こちらを買いました。

これまで使っていたケースも、Apple Pencilを一緒に収納できて持ち運べる、しかも、ゴムバンドとかいうオプションではない、という条件で見つけたケースでした。

今回も、ほぼ同じような条件

  • Apple Pencilが収納できる
  • Smart Keyboardを表面のカバーに使える

で探しました。

他にもあったのですが、中華メーカーより、アメリカメーカーの方がいいかなという、ほぼそれだけの理由で選びました。(製造してるのは、結局中国なんですけどね・・・笑)

若干重いですが、非常に使い勝手がよろしいです。

嬉しい誤算

新しいこのケース、シリコン系の素材なので、私としてはあんまり好みではありません。どちらかというと、ハードケースの方が良かったのですが、新幹線に乗っていたとき・・・・

なんとなんと、iPhoneとモバイルバッテリーの滑り止めになるということが分かりました笑

iPhoneやモバイルバッテリーをそのままテーブルに置いていると、走行中の揺れで滑り落ちてしまいます。
が、Smart Keyboardとこのケースを付けたiPadの上に乗せると、なんとなんと滑り落ちなくなる笑。
嬉しい誤算でした。

まとめ

Smart Keyboadはいいお買い物でした。
キーボードが欲しいというiPad Proユーザーの皆様、おすすめします。(満足できる保証はしませんが笑)

ただ、これまでSmart Cover や Smart Keyboad に対応するケースを使っていないと、ケースの買い替えも発生します。
キーボード20000円、カバー2000円・・・・・ああ、出費・・・・・

とは言うものの買って全く後悔していません。
ブログも書きやすくなりました。
ただ、iPadにおいては、はてなブログの見たままモードではまともに編集できないので、これに合わせて、Markdown記法に変更しました。詳しくはこちらの記事へ

またまたテーマ変更とカスタマイズ


さてさて、記事の投稿が非常に前後しまっくています。
完全にめちゃくちゃだ笑

つい数ヶ月前の記事
という記事を書いたのですが、またやってしまいました・・・リニューアル・・・
今回は簡潔にまとめたいと思います。

テーマ変更

これまでのテーマから変えてみました。

undershirtに変更

これまではminimalismを使っていました。
私が悪いんです。非常にいいテーマだったのですが、薄い影を入れたり記事一覧の間隔を弄って自分好みにしたいーーー、ど素人がcssを滅茶苦茶にしてしまった結果、途中から思うようにカスタマイズできなくなりました。
(私の勉強不足で、作者さんもテーマも何も悪くありません。)
で、収集付かなくなった結果と、カード型デザインをしてみたい、けど、ここでテーマ変更したら、これまでのcssが全て無駄になる・・・ぐぬぬ・・・という思いと格闘しながら、テーマ変更に踏み切りました。

変更したテーマはこちら

レスポンシブ対応で、カード型デザインのシンプルなテーマです。

カスタマイズ内容

サイドバー関連

こちらのサイトを参考に まず、サイドバーの色を変更しました。
また、それに合わせて、見出しも同様なデザインに変更しました(後述)

グローバルメニューの変更とドロップダウンメニューの追加

いつもお世話になっておりますこちらのサイトを参考に モバイル環境では、ドロップダウンメニューになるグローバルメニューに変更しました。
また、ドロップダウンメニューは、開いた時に2列構成になるようにしました。

ブログタイトルヘッダー画像の調整

minimalismを使っている時も、苦労したのですが、ヘッダー画像を変更したことと、テーマ変更をしたことにより、これまでの方法では、上手くいかなくなってしまいました。
そこで、こちらを参考に
タイトル画像の調整をしました。
また、HiDPI対応をするために、タイトル画像は、自分が設定したいサイズの縦横長さ2倍の4倍の解像度で作りました。

見出しデザインの変更

いつもお世話になっているサルワカさんのサイト を参考に、見出しデザインも変更しました。
特に大見出しは、サイドバーのデザインに似た感じにしました。

記事カードからのはてなスターの削除

こちらを参考に 記事カードからはてなスターを削除しました。
はてなスターがカードに乗っかってる分、カード1枚あたり、1行多くなっていました。
PC・タブレット環境ではそんなに問題にならないんですが、モバイル環境で見た時、カードが野暮ったく見えていました。
あんまり、消したくないんですが、消しました。

目次のデザイン変更

こちらを参考に 目次のデザインを変更しました。
これまで、便利な目次機能を使ってきていなかったので、今後はしっかり使っていきたいと思います。

まとめ

また近いうちに大幅変更する未来が見えなくもない気がしてしまっています笑
今後の課題としては

  • グローバルメニューがもっと納得行く形にできないか研究
  • 目次デザインの細かい調整(目次タイトルが中央でなかったり、テーマ標準で入っている「目次」表記が残っていたり、目次の文字サイズがテーマ標準のままで今のデザインに合ってなかったり)

の2点かなと思います。

次回は、iPadでの記事編集についての投稿になるかなーーーー・・・・

Markdown記法を試してみることに

f:id:koishi4041:20180803222108j:plain:w500


iPadで快適にブログ投稿したい・・・けど、iPad上では、はてなブログのWeb版が手軽に扱えない・・・

そんな時にMarkdown記法というものを見つけました。


Markdown記法とは

Markdown(マークダウン)は、文書を記述するための軽量マークアップ言語のひとつである。本来はプレーンテキスト形式で手軽に書いた文書からHTMLを生成するために開発されたものである。しかし、現在ではHTMLのほかパワーポイント形式やLATEX形式のファイルへ変換するソフトウェア(コンバータ)も開発されている。各コンバータの開発者によって多様な拡張が施されるため、各種の方言が存在する。

引用元:Markdown - Wikipedia

はてなブログには似た機能として、はてな記法というのもあるが、一応、Markdown記法は他の分野にも応用が効くので、こっちにしてみようかなと思った次第です。

Markdown記法の具体例

そうは言っても、実際に使って見ないとわからないし、自分が忘れないようにするためのメモとして残しておきます。

見出しタグ

とりあえず入力してみる。
# h1
## h2
### h3
#### h4
##### h5
###### h6
####### h7

と入力すると f:id:koishi4041:20180803215347j:plain と表示されます。 見出しはh6までなのですね。ふむふむ。

はてなブログの特徴とh2をどうするか問題

ここで肝なのは、はてなブログで標準で設定されている見出しタグはh3から始まります。
はてなブログでは

大見出し=h3
中見出し=h4
小見出し=h5

なのです。
なので、上図でh1とh2の装飾が付きません。
h1はサイトのタイトル用らしいので使うことはありません。
h2タグはデザインCSSで設定すれば、h3以降のタグと同じように使うことができます。
ですので

大見出し=h2
中見出し=h3
小見出し=h4

に設定し直した方が、今後のことや、他の機会にMarkdownを使うときに便利な気がするんですが、そうなると、これまでの記事も設定し直さないといけない手間も出てきます・・・・
しかし、これまで、テキトーに見出しを使っていたから、綺麗に整え直すという点では確かにいい機会でもあり・・・
と悩み中です。

リスト(箇条書き)タグ

とりあえず入力してみる
- リスト
- あ行
- か行
- さ行
- た行

と入力すると

  • リスト
  • あ行
  • か行
  • さ行
  • た行

と表示されます。

リスト構造のポイント(というかリスト以外でも重要)

ここで、ポイントは、リストの始まりと終わりに必ず、空白の行を入れることです。

入れなかった場合

空白の行が無いと
- リスト
- あ行
- か行
- さ行
- た行
正しく表示されない

と入力すると

空白の行が無いと - リスト - あ行 - か行 - さ行 - た行 正しく表示されない

と表示され、横一列に並んで、リストになってくれない・・・

入れた場合

空白の行を入れると

- リスト
- あ行
- か行
- さ行
- た行

正しく表示される  

と入力すると

空白の行を入れると

  • リスト
  • あ行
  • か行
  • さ行
  • た行

正しく表示される

また、 「-」記号の後ろには半角スペースを入力する必要があります。(Markdown記法においては、リスト以外においても、こうしないといけないみたいです)

入れなかった場合

-の後に半角スペースが無いと

-リスト
-あ行
-か行
-さ行
-た行

正しく表示されない

と入力すると

-の後に半角スペースが無いと

-リスト -あ行 -か行 -さ行 -た行

と、リスト構造にならず、1列に表示されて、正しく表示されない

入れた場合

-の後に半角スペースがあると

- リスト
- あ行
- か行
- さ行
- た行

正しく表示される  

-の後に半角スペースがあると

  • リスト
  • あ行
  • か行
  • さ行
  • た行

正しく表示される

リストの中に入れ子もできる。
- 入れ子にしたいところは、「-」記号の前に半角スペース2つ
  - ねこ
  - いぬ
- タブ1回でもOK
 - ねこ
 - いぬ

と入力すると

  • 入れ子にしたいところは、「-」記号の前に半角スペース2つ
    • ねこ
    • いぬ
  • タブ1回でもOK
    • ねこ
    • いぬ

と表示されます。入力の仕方はそのままサンプルの中に書き込んじゃいました。

とりあえず、これで何かしら書けるかな笑

はてなブログ特有のMarkdown記法

はてなブログ上においてのみ有効な方法をいくつか残しておきます。
他でMarkdown記法をするときは、別のやり方です。

リンクの挿入

[https://koishi4041.hatenablog.com/:embed]

と入力すると
リンクがお馴染みのカード型で埋め込まれます。
サンプルはこのブログのアドレスになってますので、リンクを貼りたいサイトのアドレスを貼ってください。
詳しくは知りませんが、これは「はてな記法」と同じみたいです。(つか、はてな記法Markdownを併用しているということかな?)

:embed

:title
にすると
Shallow And Wide
とページのタイトルを拾ってきて、リンクを付けてくれます。

はてなフォトライフを利用した画像の挿入


fotolife記法というものが、そのままはてなブログMarkdown記法の中で使えるみたいです。
公式がすごくわかりやすいです。

まとめ

他にもMarkdown記法には色々なコマンドがあります。
Qiitaというプログラマー向けのSNSに様々な方法が書いてあります。
プログラマーじゃなくても読めます(私も素人)。
記事も沢山投稿されているので参考になります。(会員登録なしでも読めます)

さて、これで快適なiPad Proによるブログ投稿ができるようになるかな・・・・

iCloud Photo Libraryを使って写真管理をする?

f:id:koishi4041:20180719190703p:plain

きっかけ

これまでのiPhoneの写真をどう管理するか考え始めました。

きっかけは、iTunes経由でiPhoneにちゃんと写真が同期されなくなったこと。

iPhoneの写真は定期的にmacの写真appに吸い上げて、iPhoneに最適化された形で同期していました。

また、macの写真appで写っている人ごとの自動分類機能を使っていました。

しかしながら、ちゃんと同期されないことがある。

また、macの写真appとは別に、iPhoneの写真appが同期した写真を再分析して、わざわざmacで分類されてるのとは別に勝手に分類し、iPhoneの写真appの中がぐちゃぐちゃになっていた。

そこで、iCloudに月々課金を行い、iCloud フォトライブラリを使って、全Appleバイスで同期されるようにすれば、今のぐちゃぐちゃがすっきりするのではないかと考えた。

 

懸念ポイント・プライバシーとセキュリティ

で、プライベートな写真をAppleのサーバーにアップロードするとなると、プライバシーやセキュリティに気持ち悪さを感じてしまう。iCloudを始めとする、ネットサービスを喜んで使っていた私だが、この「顔まで知られてしまう」という気持ち悪さがあって、写真サービスだけは利用に躊躇していた。

そこで、iCloud フォトライブラリのサーバーでの管理方法について、しっかり調べてみた。

 

iCloudのセキュリティ

書くとすごく長くなるので、端的に。

これらサイトを参考にしてます。

 

iCloud Photo Library and security: What you need to know! | iMore

iCloud のセキュリティの概要 - Apple サポート

プライバシー - Apple(日本)

 

端末とサーバー間のデータのやりとり・・・暗号化されている。

サーバーでのデータ管理・・・暗号化されている。

で、その暗号は、Apple社員であっても絶対に解くことができず、唯一の復号方法が、Apple IDとそれに紐付けされた端末という2点が絶対に必要らしい。(2段階認証システムに似ている)

つまり、Apple IDとそれに紐付けされている私のiPhone(やmac)がないと結局はデータを復号できないようになっており、Appleは個人のデータを全く利用できないらしい。

皆さんもご存知、Googleフォトという便利なストレージがあるが、あの規約を読んだことがある人は分かるだろうが、Google フォトにあるデータはGoogleが好きなように使えると書いてある。

つまり、Googleが勝手に広告に使ってもいいし、もしかすると、他の会社にそのデータが売却され、悪意のある使い方をされるかもしれないということでもある(実際はそういう使い方は無さそうな気がするが)

AppleGoogleの姿勢とは、一応真逆ということもあり、AppleiCloudフォトライブラリを使ってみようよ考えた。(面白そうで便利そうというのもあるけど)

 

懸念ポイントと引き換え??

Cloudに写真データが保存されることによる利点もある。

今は、写真を自分のmacに保存したり、外付けのHDDにバックアップを取ったりしているが、大災害や火災、泥棒に入られたときどうなるかを考えてみると、結局は同じ場所にあるので、全部パーになってしまうかもしれない。

Cloudにもデータが無くなる懸念はあるが、物理的に地理的に違う場所に保存するとなると、上記のようなものから、思い出たちであるデータを守ることができそうである。

もっとも、iCloudフォトライブラリを使い始めてからも、Cloudとmac本体の両方にオリジナルデータ保存することにする。となると、今まで以上にデータ損失のリスクが低減できるのではないか。

iCloudフォトライブラリの利点はある意味ここかもしれないなと色々調べながら感じた。

 

総括

最初は写真を整理しやすくすることから考えたiCloudフォトライブラリの利用だったが、結果としてプライバシーという気持ち悪さと引き換えに、思い出の保護になるのではないかという結論に至った。

ということで、次の休みの日にmacの写真appからiCloudフォトライブラリを有効にして、全Appleバイスとの同期作業に入ろうと思います。

なぜ、今日じゃないか??母艦となるmacは福岡に置いており、仕事は大阪でしているのでアクセスできないからに過ぎません笑

(どこでもmymacがちゃんと使えるように研究しないといけないな、、、何故か上手くいかない「どこでもmyMac」)

コメントもお待ちしてます。

 

注:この記事を参考にしたことによる、損害などは一切責任を持ちませんので、全て自己責任でお願いします。

iCloudにメッセージを保管機能(Message for iCloud)

f:id:koishi4041:20180719191539p:plain

iOS 11.4のアップデートが提供され始めました。

iOS 11登場当初から発表されていた機能で、やっと実装されました。

 

有効にする方法

iPhone iPadにおける方法

  1. 設定→機内モードの上にある、Apple IDの登録名が書いてある部分→iCloud→メッセージをオンにする
  2. 電源に繋いで、Wi-Fiに接続する。
  3. メッセージがアップロード・ダウンロードされるのを待つ
  4. 自分が持っている他のiOS端末でも1〜3をする。

 

以上です。簡単ですね。

 

問題点

すんごく嬉しい機能だったのですが、iCloudを無料範囲内で活用しまくっている私には弊害が、、、

 

f:id:koishi4041:20180610093412j:image

 

そう、容量不足になってしまったんですね、、、

こうなってしまうと、iCloudのメールも受信されなくなるらしい。

ただ、今の機能を使わないという選択はしたくない、、、、

 

どうするか、、、

 

月々課金をして、iCloudの容量を増やす、、、、

 

しかないんですよね、、、

 

50GBで月々130円(2.6円/GB)

200GBで月々400円(2円/GB)

2TBで月々1300円(0.63円/GB)

 

さて、どれにするか、、、、

コメントお待ちしてます。

 

 

クレジットカードの繰り上げ返済時のMoneyForward上での処理

f:id:koishi4041:20180729210513j:image

家計簿カテゴリの一本目がこんな記事になるとはw

クレジットカードの利用可能額を回復させるために、引き落とし日よりも前に、先払いをしました。

その時、MoneyForwaed上でどのような処理がされるかの記録を残しておきます。

流れ
  1. まずは、先払いしたい分をカード会社に電話する。
  2. 次に、銀行から入金。
  3. MoneyForward では、一括更新をすれば、数分後に、銀行の入出金は大体即座に反映されます。この時、振込データは、「支出」として反映されていますが、「振替」にして、振替先を先払いしたクレジットカードにします。しかしながら、銀行からカード会社に振込があったという通知は即座に届くわけではありません。私の場合は、営業時間内に入金したこともあり、夕方の6時くらいには、カード会社に通知が届いていたみたいです。カード会社に振込したデータが届くと、(一括更新をすることで)MoneyForward 上にも、反映されます。
  4. 「口座」メニューの「負債」項目にある、「クレジットカード利用残高」から、振り込んだ分だけの金額が減算されてました。
 補足

今回振り込んだクレジットカード会社は、毎月10日引き落としでした。6/10引き落とし分全額と、7/10引き落とし分の一部を振り込んだのですが、6/10引き落とし分は、「カード引き落とし」タブの中にある金額は残ったままになってました。恐らく、6/10に二重で引き落としされることはないものの、引き落とし額が確定されてしまうと、その数字が更新されることは無いもようです(MoneyForward 上もMyJCB上でも)。

上記の通り、6/10引き落としの全額と7/10引き落としの一部を振り込んだのですが、MoneyForward上(「口座」メニューの「負債」項目にある、「クレジットカード利用残高」タブ内の「引き落としタブ」)では、6/10引き落とし分が0円になった訳ではなく、7/10引き落とし分が振り込んだ金額分マイナスになっていました。

 

6/1 追伸

翌日には,正しい表記に変わり,6/10引き落とし分は全て0円になり,7/10引き落とし分の金額も正しくなっていました.

また,MyJCB内の金額表記も正しくなっていました.

当たり前と言われれば当たり前ですが,MyJCBの金額が正しくなると,MoneyForward上の金額が正しくなるみたいです.